賃料減額の交渉がもとでオーナーとの関係が悪化しませんか?

関係が悪化するケースは、適正基準以下にまで賃料を下げる交渉をむりやりする場合がほとんど。

弊社スタッフには、不動産鑑定士・公認会計士・弁護士・税理士等の専門家および大手不動産会社出身者がおり、オーナー様との交渉に万全の体制でのぞんでおります。
また、賃料減額を一方的に請求するのではなく、しっかりとした調査・下準備をした上で市況に合った適正な賃料を提案させて頂きます。

そのため、弊社の実績ではオーナー様との関係悪化のケースはございませんのでご安心下さい。